赤ら顔に美顔器(スチーマー、ローラー)って大丈夫?使用時の危険度をチェック!

赤ら顔に美顔器。
肌は赤いけど肌のケアは妥協したくない!

そんな方は多いと思います。

こちらでは美顔器による肌への効果とその危険性についてまとめています。

肌が赤くて悩んでいる方は是非参考にしてください。

美顔器の種類

スチーマー・ローラ・レーザなどなど、今は本当に色々な種類がありますよね。

でも肌が赤いとどれを使っていいのか悩むと思います。

まずはあなたが、赤ら顔になっている原因を考えてみましょう。
じつは赤ら顔のほとんどの方が毛細血管の拡張によって肌が赤くなることが原因です。

その点を踏まえて選ぶ必要があります。

振動が大きい美顔器はNG!

基本的に振動系の美顔器はNGです。

肌に振動が伝わることによって、毛細血管が拡張してしまいます。
超音波イオン、美顔ローラーなどはまさにそれに該当しますね。

では振動が少ない美顔器なら大丈夫かというと、そうではありません。

一つ目は体質。ほんの少しの振動でも敏感肌の方にとっては肌をより赤くしてしまう原因になります。

二つ目は使用する時間。少しの振動だったら大丈夫!!・・・と思い気にせず長時間使用してしまうことで肌がより赤くなってしまうことだってあるんです。

最後に気をつけなければならないのが同時に使うジェルの成分。美容成分がたっぷり入っていますが、人によってはそのジェル成分が刺激になることもあります。

特に美顔ローラーは危険です。

確かにローラーにより不純物を流すことで、リンパの流れを良くし血行を改善することから、赤ら顔にもメリットはあるでしょう。

また安さ、手軽さで人気があるので使いたい気持ちはわかります。

でもやっぱり摩擦の大きい美顔ローラーはお勧めしません。

美顔器を選ぶならスチーマー、レーザーを

美顔器を選ぶ場合、一番は肌に直接接触しないものがおすすめです。

そうなるとスチーマー、もしくはレーザーになりますよね。

個人的にお勧めなのはスチーマーです。

もちろんレーザーが悪いというわけではありません。ただレーザーによる赤ら顔への影響がどの程度あるのかわからないのでちょっと怖いなって思うところがあるからです。

逆にスチームは水蒸気がナノ化されていて、蒸気で肌に浸透できるようになっているので配合されている美容液の成分にさえ注意すれば大丈夫です。

もちろん温度差で赤ら顔になる可能性はあるものの、超音波やローラーのように直接さわるわけではありませんので、摩擦による赤ら顔は避けられます。

最後に

私個人としては美顔器は使っていません。

もちろん肌のケアは大切ですがそれは美容液などで十分対策できるからです。

赤ら顔専用の化粧水だってあるし、それ一本でエイジング対策だって出来ちゃいます。

もちろん美顔器でお肌に磨きをかけたいって方もいると思いますが、まずは専用の化粧品で肌の赤みを和らげてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください