男の赤ら顔を治すおすすめ化粧水とその効果とは!?

男性は素肌で毎日を過ごす分、肌の色ムラや赤みは気になりがちですよね…。

実は赤ら顔は女性だけの悩みではありません。

原因によっては、男性のほうが起こりやすいこともあります。

こちらでは、どうして赤ら顔になってしまうのか、その原因とおすすめ化粧品を詳しく解説します。

どうして赤ら顔になるの?

原因は人それぞれ。まずはその原因を知りましょう。

アルコールの過剰摂取

原因のひとつにアルコールの過剰摂取があります。

アルコールには、毛細血管を広げる作用があり流れる量が増えることで、皮膚から透けて見える可能性があります。

特にアルコールを毎日飲んでいる方は、毛細血管の拡張によって赤ら顔になりやすいと言われています。

また逆に、アルコールの過剰摂取で、血液が停滞することもあります。

どちらにしても赤ら顔になる原因となってしまうんですね。

自律神経の乱れ

緊張やストレスから、交感神経が働きすぎることによって、顔に血が上り赤ら顔になることがあります。
これが自律神経の乱れになります。

突発的なものであれば、しばらく落ちつくことで顔の赤みは治るので、特に気にしなくてもいいと思います。

ただ自律神経の乱れがずっと継続することで慢性化してしまい、赤ら顔の原因になることがあります。

皮膚が薄い原因の場合

生まれつき皮膚が薄い人もいますが、実は日頃洗顔やマッサージなどによって皮膚を削ってしまっている可能性もあるんです。

また、刺激の強い成分が入っている化粧品の影響で薄くなることだってあります。

最近耳にするビニール肌がそのひとつです。

過剰のケアによって角質層がはがれ、外的刺激から皮膚を守ってくれる踝粒層がむき出しになってしまいます。

そのため炎症のように肌が赤くなってしまいます。

ニキビ

ニキビは毛穴に皮脂と古い角質に2つが混ざり合い詰まることで発生します。
そんなニキビですが、実は男性のほうが女性に比べ皮脂が多いため、ニキビができやすいんです!

ニキビ程度で?と思うかもしれませんが、小さいニキビを潰すと雑菌が入り込み炎症を起こします。

それを繰り返してしまうと皮膚の炎症が治まらない状態が続くいて色素沈着が起こり、赤ら顔になってしまうのです。

そんな時の対策って?

そのほかにもいろんな原因で肌が赤くなることがあります。

ひとつの原因を突き止めてあなたに合ったケアをすることが大切です。
でもなかなか原因ってわかりませんよね?

そんな時の対策はどういったものがあるのでしょうか。

個人的におすすめなのは化粧水です。

男が化粧水!?と思うかもしれませんが化粧水には肌の角質層を整えてくれる役割があるので男の方でも十分に効果が期待できます!

赤ら顔だった知り合いの男性も2ヶ月で効果が出てきましたよ☆

そんな実際使ってみて効果のあるおすすめ化粧品を紹介します。

No.1  ピオリナ

血液環境を正常に戻すオタネニンジン根エキス、高い保湿力に定評のあるブクリョウ、美白に効果のマグワ根皮エキスのハイブリッド配合が特徴の珍しい化粧水です。

男の方にもおすすめできる化粧水です!

No.2  ULU

公式ページでも動画で実践しているほど、浸透力に自身をもっている商品です。

5種のセラミドを配合したオリジナル化粧水で、保湿を怠らないことによって、肌トラブルがすくなくなり、色むらがなくなってきます。

No.3  しろ彩

たくさんの雑誌で取り上げられている「白漢しろ彩」ですが、女性だけでなく男性の方からの指示も多くあります。

またピオリナ同様、4つの漢方にセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンの3つの保湿成分が入っているところも魅力の一つです。

全てネットで手に入るものなので周りの目も気にせず購入できますよ☆

ぜひ男性の方も一度試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください