肌の赤み・肌荒れを抑えるおすすめ化粧品とその効果とは?

当サイトでは赤ら顔や酒さで悩んでいる方に、安心して使えるアイテムをご紹介しています。

どれも実際に購入し、肌への効果を確認しているものばかりです。

ネットでかき集めた口コミ情報だけを掲載するのではなく、実際の写真や体験談を素直に感じたまま掲載するようにしています。

というのも、今は市販品からネットまでいろんな化粧品があり本当に効果があるものってなかなか見つからなかったからです。
そんな方はたくさんいると思います。

このサイトでは、

家族や友達にこれ効果があるよ!と言えるか

その基準を元にしています。

今後も効果のある商品をチェックしていき、女性はもちろん男性の方でもしようして、効果があるのかをしっかりレビューしていきますね。

赤ら顔対策の化粧品ランキング

人気5品種の化粧品を厳選に評価し、ランキングにしました。

これなら大丈夫だと自信を持って掲載しています。

是非じっくりとご覧になってください。

赤ら顔とは?

そもそもなんで顔が赤くなるのでしょうか?

少なからず当サイトを覗いていただいた方のほとんどは、赤い顔をなんとかしたいと考えている人だと思います。

私も当時は赤ら顔について、いろいろと調べていました。
私なりにまとめた結果、3つのタイプがあります。

皆さんはどれに当てはまりますか?

タイプによっては化粧品を変えても効果がないこともありますので、自分の症状をよく知っておきましょう!

《タイプ1》体質

暑さや寒さによって、顔が赤くなってしまう人は、皮膚が通常より薄いことが原因です。

毛細血管拡張症と呼ばれる症状で、皮膚の下にある毛細血管が拡張、血管が透けて見えることで赤さが目立ってしまいます。
血の巡りが良い人もその傾向にあるようで、これは一種の生まれ持った体質といえるでしょう。

人前で赤面することで悩んでいる方は、どちらかというと緊張による傾向が強いため、心理療法での治療がおすすめです。

《タイプ2》自律神経の乱れ

今まで顔に変化なんてなかったのに、急に赤ら顔になった!

そんな方は自律神経の乱れによる原因が考えられます。

血管は自律神経の働きによって拡張と収縮を繰り返しています。
拡張・収縮によって血液の流れる量や速度などを調節しているんです。

しかし、ストレスなどにより自律神経が乱れると、血管が拡張された状態のままになってしまうことがあります。

そうすると血流が滞り、肌が赤く見えることに繋がります。

一度、自分の生活を見直すことが大事です。
しっかりした睡眠やストレスフリーの時間を作り、自律神経が乱れないように心がけましょう。

《タイプ3》病気

体の病気によっては肌の色に変化が現れることがあります。

肌が黄色くなるのは肝臓疾患が原因とよく言われますが、病気が原因で顔が赤くなることもあります。

主に糖尿病や高血圧症の方はその症状が出やすいとされています。

共に血圧の問題ですね。

いつまでたっても顔の赤みがとれない、慢性的な赤ら顔は病気の可能性もあるので十分注意してください。

化粧品による効果があるのは?

化粧品を見直すことで効果のあるはタイプ1と2です。

タイプ1の方は体質の問題なので、化粧水を見直すことで効果が期待できます。
赤ら顔に効果があるとされる、漢方・食物エキスが自分の肌(体質)と合えば、自然と顔の赤みは自然となくなっていきます。

またタイプ2の方でも効果があると思います。
化粧水でお肌に潤いを与えることで、お肌の緊張は和らぎ、それが一種のストレスフリーに繋がります。

タイプ3の方は残念ですが化粧品ではどうにもならないので、病院での治療をおすすめします。

赤ら顔対策化粧品の選び方・5つのポイント

1.添加物の有無

世の中に出回っている化粧品のほとんどは何かしらの添加物が入っています。これは消費期限を伸ばすために欠かせないものだからです。

でも赤ら顔の私にとってそれすら気になっていました。

今では全成分表示が義務化され、化粧品に配合された成分は正直に表示されています。

ところが、全成分表示には抜け道があります。

化粧品の原料にはキャリーオーバーと呼ばれる成分が含まれており、原料を安定する目的で配合されています。
しかし今の所、原料を安定する目的で配合されているキャリーオーバー成分は、表示しなくて良いことになってます。

これらを調べる方法は研究機関に頼んだりしない限りわかりません。

最終的には自分で使ってみて判断することが多いです。
私自身も、今まで使ってきた化粧品の成分から考えて選ぶようにしています。

2.量に対する単価は高すぎないか

市販の化粧品と比べると商品価格が高いのは仕方がないと思いますが、気にしなければならないことがあります。それが量あたりの単価です。

商品価格が安くても、実は1回あたりの単価は高かったということがあります。

個人的にはできれば1mlあたり40〜50円程度には抑えたいと考えています。

3.信頼できる会社か

会社自体よく分からないといろいろ不安になりますよね?

コーポレートサイトなどで商品を出していること、また雑誌などへ積極的に情報発信している商品だとかなり好感があると思います。

商品を大事にしている その気持ちが伝わって来る商品を選ぶようにしてください。

4.公式サイトで購入を煽っていないか

モデルを起用して赤ら顔がすぐ治りました!1週間で効果を実感!など書いて興味を引きつけ販売を煽っているサイトがたくさんあります。

しかし効果を実感するにはある程度の時間がかかると思います。

肌の問題なので風邪薬みたいにすぐよくなんて都合が良いと思いませんか?

そうゆうサイトは、ファンデーションなどで加工されていることも容易に想像できます。

イメージに騙されないように気をつけましょう!

5.返金保証はあるか

これは必ずあるべきとは思いませんが、やはりきにするべきです。真剣に選んでも自分の肌と合わないことだってありますので。

商品に自身を持っている会社は実際にやっていますし、そのほうがこちらにとっても購入するときのリスクを無くすことができます。

なのでなるべく返金保証がついたものを選びたいところです。

全てクリアした商品は?

これらの項目を全てクリアした商品が2つだけあります。

それが、ランキングでもご紹介した2つ ピオリナ白漢しろ彩です。

完全無添加で、会社としても認知度があり、1ml当たりは40円台と経済的、しかも全額返金保証というから驚きです。

実際に試しましたが自信を持っておすすめできる、本物の赤ら顔対策の化粧品です。